0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

date :2006年09月25日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【彩雲国物語】◆君子危うきに近づかず◆

遂に、玖琅は叔父を名乗りましたね???(大笑←当主を差し置いて、名代が先に認識された☆)  黎深は、その話を聞いたら「抜け駆けだッ」とか言いそうですが(震笑) そして、それを黄尚書からは「何を言っている。お前がさっさと言わんからだ」とか言われてそうvvv

 あずまやでの、劉輝と静蘭のやり取りも良かったです♪
『兄上??vv お戻りにならなかったのですねv』
『どうせ帰ってくると思っていたしな。それより兄上はやめなさい。?でないと、私も敬語を使いますよ』 
『あ。(オロ)す・・・スミマセンッ(慌ッ)』


 ・・・・・・・・わんこの様に、可愛いぞ☆ 王様(笑)
スポンサーサイト

テーマ:彩雲国物語
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。