1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Dr.コトー診療所2006】◆第2話

先週ラストで、おぉ!これはアヤカが島に残るのかッ?? ?と思ったら、やはり出ちゃうんですね????
確かに 『ここでは、やっぱりナースなんです』 というのは、わかるかも。。
自分の職場じゃ、逆に落ち着きませんよね???(^^;)
『離れていても、一人じゃないですから』 コトー先生の言葉が染入りました。 (でも先生、現実問題。 いくら気丈な人でも、病気を患って弱っていると精神的に、傍に居て欲しいものじゃ・・・・・)
 今回は妻に先立たれた、頑固親父のお話。
左千オジ(左千夫爺??←滝汗)、見事な頑固ぶり??vv
失くして初めて気付く事って多いですよね。
ほんとはもっと早く伝えたい言葉や、あの時あぁすれば・・・・と思う事は誰しもあることだと思う。

 ・・・・・・・・そんな事ないよ。いつも後悔なんてしてない。・・・・・・・・・
中にはそんな立派な方もいらっしゃるかとは思いますが(笑汗) 自分はそんなに出来た人間じゃないので、そりゃもう??しょっちゅうですよ(爆←それもどうよ。>勿論事の大小はありますが)

 話を戻して・・・(滝汗動揺)
ここにもそんな不器用な塊のような頑固親父がッ!!!
でも、ちゃんと奥さんの仏前の傍で眠り、腰の骨を折ってる筈なのに、蝋燭の火を灯し、手を合わせる事を忘れない。
 そしてそんな蝋燭の火が元で火事に・・・・・・・・助け出された左千オジは全身火傷を負っている様子。
 治療の為、固定されたギブスを切っていると、胸にしっかりと抱きしめているもの・・・・・・・・・・それが奥様の写真の入ったフォトケース!!!

 予想は出来たけど、実際離そうとしない姿を観た時は、ちょっと涙がぁぁぁぁ?????(←結構弱いらしい)

 入院していた頑固親父を甲斐甲斐しく世話する新人看護士。
彼女も小学校の頃、事故で両親を亡くして、誰も身寄りがないらしく、その辛さは分る・・・・・・・という。
でも、やっと妻の元に逝けると思っていた左千オジは、自暴自棄に!!!
『あいつはまだ許しちゃくれない』 
・・・・イタイです???この台詞。 でも、生きて欲しいと、そう思ってますよ。 多分。
 そして、暴れる左千オジを平手打ちしちゃう、アヤカ。
『死ぬなんて言わないでッ!!!!!!』  
これは、本人は勿論だけど、コトー先生には、痛いほど響いた言葉だっただろうな・・・・・・・・と思いました。

 来週もまた痛いっぽい展開のようで・・・・でも勿論観ますよv

スポンサーサイト

テーマ:Dr.コトー診療所2006
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。