041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奏光のストレイン】1&2話

11/1よりWOWWOWのノンスクランブル(無料)枠で放映が開始したアニメについての感想ですv 
 初回が1時間スペシャルで、【絶望の前奏曲】【出逢い】の2話が放映されました。 初回はレビューの後に、感想を書いておりますので、かなりネタバレ(てか、ネタバレ!)です。(^?^;)
 了承いただけた方のみ、以下よりどうぞ☆  ↓
STEP1【絶望の前奏曲(プレリュード)】


 遥か未来。星域を2分する勢力、ユニオン(連合)、ディーグ(帝国)は、数世紀にも及ぶ長い戦争状態にあった。
 名門ウィーレック家に生まれた少女セーラは、幼い頃両親を亡くしており、唯一の家族は兄ラルフだけだった。
 しかし、最愛の兄は、優秀なリーズナー(ストレインと呼ばれる有人機のパイロット)ゆえに、特命により130光年離れた前線への赴任となり、離れ離れとなる。
 兄の出立の日。 ワルツのステップを共に踏んでいる時、兄から
「今度会う時は、もっと上達して・・・・」の言葉に「その時には、私はもう死んでるって知ってるものッ!」と手を振り払う。

 その時アラームがなり、呼び出しがかかる兄に向かい
「私が追いかけるッ!!!」と幼き妹は誓う。 11歳のことだった。

 ーそして5年後。 

 兄との再会だけを願い、士官学校(ユニオン陣営の惑星グラベラにあるグラベラ空間機甲兵科学園)で、日々訓練に励んでいた。
 チームのメンバー4人の内、セディはセーラに想いを寄せているが、兄の存在(学園では、優秀な卒業生として英雄扱い)の大きさと押しの弱さ(笑)で、気持ちを打ち明けれずにいた。

 卒業を間近に控えた深夜、学園上空に多数の光る物体。
その正体は、敵対しているディーグのトゥモール(無人機)の襲撃。

 こんな、後方に攻撃してくるとは、夢にも思わない上層部は、臨戦態勢を取るが、追いつかない。
 その状況を見ていたセーラ達は、自分のストレインを駆り、トゥモールと対峙する。  数は多いが、迎撃に成功していたセーラ達の前に、未確認のストレインが!!!  
 味方機の筈が、おかしいと怪訝に思う仲間からの通信。 何がおかしいのか、わからないまま見上げていると、いきなり攻撃を仕掛けてきた。

 しかもかなりの腕らしく、次々に撃ち落されていく味方機、気付くと目の前に迫ってくる機体、「撃たれる」と思った瞬間、機体ごと体当たりしてきたセディ機に弾かれ、体制を崩すセーラ機。  直後、破壊されるセディ機。  その破片で機体を損傷し、地上へと墜落するセーラ。 

 攻撃してきたストレインが、旧研究所を目的にしている事を悟ると、単身追いかける。  
 研究所に簡単に侵入し、目的である<少女>を抱え、自分のストレインに戻る謎のリーズナー。  その背中に向かい威嚇射撃をするセーラだが、振り返った顔を見て、驚愕のあまり、銃を取り落としてしまう。

 ・・・・・・その顔は、逢いたくて仕方がなかった最愛の兄。ラルフ=ウィーレックのものだった。

「どう・・・・して??兄さん???」 震える声で、問いかける妹には冷たい視線だけを向け、言葉を発しないまま、ストレインに乗り込み、飛び立っていく。

我に戻ったセーラは、搭乗者の不在のストレインを借りて、ラルフ機を追いかける。
「どうしてなの??兄さんッ」 叫びは虚しく、無常にもラルフ機はセーラの乗るストレインを撃墜し、飛び立っていく。
*******************************************


衝撃の1話でした。

兄さ??????んッ???  ?と叫んだのは、私もですが(←おぃッ!)
 私的に、振り返った人を見て、何で兄と分ったのか不明。(爆)
・・・・・・・だって、髪の色違ったんですよ???  目とか眉はそうねぇ??と思いますが、あくまで、別れた時の綺麗な思い出の兄さまのはずでしょ?
亜光速飛行のウラシマ効果はあったとしても、余程ショックを受けて白髪化したとかなら、それでも良いですが(←良いのか?)
 セーラと名のつくキャラは、とことん不幸に陥る宿命なんですか???(涙)
あぁ???1話で、チームの仲間がセーラ以外全滅するなんてッ!!!!!

 切望するなら、後々、実は生きていた! ?なんて、状況を取っていて欲しいものです・・・救いを???ッ (セディとか、鬼教官(笑)とか←水中で、ストレイン機体より、自分のミミック(パイロットの脳の複製)を手早く取り出してくる。?という授業をしていた先生ねv)  勿論、脳の複製とか言っても、ちゃんと特殊ケースに入ってますよん☆
搭乗時には、ミミックをコクピットにセットして意識をリンクさせるようだ。



STEP2【出逢い】

最愛の兄ラルフの裏切りにより、惑星グラベラは壊滅状態。
そんな中、生き残ったセーラだが、自分のミミックを破壊された為、リーズナーでなくなった。    それでも、兄に裏切りの真意を聞きたい一心で、前線に出るため、惑星バジオンの総合戦術学校(機動歩兵科)に編入。 名前もセーラ・クルスと偽る。
実戦の厳しさを知っているセーラは、寝る間も惜しんで、訓練に没頭していく。
 そんなセーラを疎ましく思っている同じチームのイザベラは、嫌がらせを繰り返す。
********************************************


 1話で専門用語(?)とかの説明も含め長々と書きましたので、2話については、簡素化(笑)

 真面目なセーラは、やはりいじめっ子(イザベラ達)に嫌がらせを受けるんですよ。    なんか、女子高っぽい(爆)

 そういえば、スタジオファンタジアって、認識はないのですが(滝汗伏詫)美少女系では有名なトコなんでしょうか??? (よくわからない・・・・)

 話を戻して、そんな自分の為だけに頑張って孤立するセーラにも、味方はいて、それが、奇しくもリーズナーである、ロッティ。 (天才児って設定かな?)
 なんだかんだで、庇ってくれるし、構ってくれる。
まぁそれが、イザベラ達の感に触る事になるんですけど・・・・ね(苦笑)

 お決まりの嫌がらせ。 
 ロッカーに入ってる制服が切られてる(←それについては、溜息一つでスルー。構わず着ちゃう。 ←良いのか?(笑))
でも、兄ラルフから別れ際に貰った、ペンダントも無くなっていた。
これには、顔色を変えて、学校内を探し回るが、見つからず・・・・・
(途中機体の中を探していて、メカニックの男性から、「おいッ作業が出来ないだろう?」?という台詞が出ましたが………それだけ??(笑)
破れた制服着て、血相変えて探してるんだから、もうちょっと違う言い様があるだろうに(笑汗) あの体勢で見えないのは凄いですが(←殴打殴打)

 彷徨っているうちに、たどり着いたのは、廃棄倉庫。
そこで、人形型ミミックを見つける。
ミミックのない自分と、リーズナーの居ないミミック。

 「あなたも一人ぼっちなのね」

今までがむしゃらに生きてきて、やっと涙をみせたセーラ。
・・・・・・でも苦難はこれから・・・・・なんですよねッ!(涙)

 そしてそのミミックの名は、<エミリィ>
何光年先(かもしれない)宇宙空間では、兄の連れ去った少女が、
「エミリィ・・・・私の名前」とか、言ってるようですがぁ?????ッ!!!(うが)

 色々あったけど、最終課題もクリアし、亜光速演習をうける事ができるセーラ。    次回は、いよいよ???♪  
 しかし、兄が再登場なのね???エミリィ(ミミックの方の)奪還に来たとか・・・・・・・言わんでくれよ???(^n^;)


 それから、兄の冷たい態度の理由は……安直なトコで…

記憶喪失あたりで!!!(爆) 
 そして、偶然エミリィが見つけたセーラが描いた絵を見つけて、記憶戻るッ!!! 

 ………なんて如何でしょう??(何の相談だよッ)
スポンサーサイト

テーマ:奏光のストレイン
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。