1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奏光のストレイン】第3話◆亜光速の悪夢◆

 そして遂に亜光速演習へ。  相変わらず陰湿な嫌がらせを繰り返されるセーラ。   そんな中、心の拠り所としているのは、ミミックのエミリー。
 演習の最中、敵襲を告げられ、トゥモール並びに、セーラの兄ラルフの乗るストレインが現れ、次々に演習艦を撃沈して行く。  

 もともとセーラのギャンビーが起動しなかった原因も、いじめっ子達の嫌がらせとかじゃなかったのかな???といらぬ疑いをしそうな展開ですが、まぁそれが功を奏して、エミリーと共に、調整中だったストレインに搭乗する事となったセーラ。

 他人のミミックでは、起動しないし、リンクなんてもっての他! ?と思われる中で、兄への強い想いに答えるかの如く、起動、リンクする機体。

 ラルフ兄の方も、1.2番艦はあっさり攻撃したのに、セーラの乗る3番艦だけは、モニターで確認するだけで、手を出さないあたり・・・・・・・
 ・・・・・・・・・・でも、きっとセーラを意識してるんじゃなくて、エミリーのミミックを取り戻しに来たんだよね?????   ・・・・・と疑わずにはいられませんッ(。>n<。)

 セーラを乗せ、起動、リンクしたミミックの方のエミリーも、自分の分身であるエミリーを求めて起動したんじゃないかと・・・・・・・・(だめだ???どうしても、暗い展開しか思いつかない????ッ)

 いえッ!!!  ほんとは、セーラの事を少しでも思い出してて、気配を察したとかだったら、どんなにか救われるかッ!!!

 ・・・・でも、放映開始3話目で、ソレはありえないだろう??し(涙)

 そして、女王様のラルフ兄への憎悪の理由。  ?というのも、気になりますねv
セーラが妹だと知っても、彼女の置かれた状況(実の兄から、裏切られ、友人も目の前で撃ち落された) から、すぐ和解してくれるとは思いますが、多分今回、謎のストレインで、ロッティの危機を救っちゃってたりしたら、女王様のプライドが許さないかも?????? (^^;)

 声優陣について・・・ 
 今回リーズナーの面々が少し見えましたが・・・・
流石リーズナーには 保志氏(キラ@ガンダム種等)、谷山氏(サスケ@NARUTO等)などの有名どころを起用していらっしゃるんですねvv  ロッティ女王様=ゆかなさんもか♪ セーラ役の川澄綾子さんもちょっとイメージ違いますが・・・(前回のイメージが【神無月の●女】だったし???/苦笑)
メカニックの、メルセディッチ役は皆川純子さん(越前リョーマ@テニスの王子様)もいらっしゃいましたねvvv 
 私的には、今回教官役にジョージ中田氏(=中田譲治氏)がいらっしゃった事に、密に喜んでおりました(爆)

 今回のツッコミ(笑)

 ロッティってば、ひとりヘッドスーツ外してるんですがッ!!!  
ビジュアル用???(爆笑)
宇宙空間でアレはマズイでしょ???(笑汗)  ジェシー達はちゃんと着用してましたよッ(^^;)    そして、私怨バリバリで突っ込んで行きますが、そんなに精神的に不安定な状態だったら、良い標的になるのでは???  そこら辺は不問なんでしょうかね(苦笑) ははは・・・スミマセン??(滝汗)

 イザベラ退場。
・・・・・・・・え??と、あっけない最期でしたね(^^:)
というか、艦に取り付いたトゥモールを攻撃しようとして逆に上方から取り付かれて、宇宙の彼方へ?????「助けて??」と連呼してましたが、取り巻きの1人が最後まで 「イザベラ?イザベラ?ッ!!」 と叫んでるのを見て

援護してやれよッ!!!! 

 ?というツッコミを入れてました。 
(だって、複数のトゥモールに取り付かれた時に「イザベラッ上ッ!!!」  ?って言葉を発したと言う事は射程範囲にいた筈だろうし、その間に1機でも掃射してあげれば、あるいは助かったんじゃないかと・・・)

 初回から気になっていたのですが、ロボットアニメのOPにしては、優しすぎる曲な気がしてなりません。 (あくまで、これは私の主観ですが)
女性ヴォーカルでも、もっとアップテンポな曲が良かったな???タイトルが仰々しく見えますし??(涙)

 何はともあれ、次回は ラルフ兄様とご対面???(血を見ること必至な・・・)
ちょっと兄様殴らせて下さいッ(←大笑) 目が醒めるかもしれないし???ッ(醒めないからッ!!!)  乞う次回ッ!!!
スポンサーサイト

テーマ:鋼の錬金術師
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。