091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【奏光のストレイン】5話◆尽きせぬ恩讐

 とりあえず……セーラが倒れた時に、身体を支えるのが、小柄な女王様だけって…
どうゆう事ッ???(大笑) (←今回のツッコミ)
…体格的に下手したら、ロッティの方が下敷きになりますよ????ッ!!

 リーズナーの面々の優しさは身にしみたのか、最後の最後には笑ってくれたセーラにちょっとホッとしました。

≪優しくされる資格なんて、自分にはないんだ!≫
………かなり自虐的ですが、そう思わなければ、生きて来れなかった…というのが、彼女が頑なに他人に心を開かない理由かもしれません。
(あの態度はどうかとは、思いますが…)
?どうやったって、名前を偽っている事は変えられないんだし……

  ◆ 1?4話の感想は【アニメ】カテゴリーに分類されています。ご了承下さい。◆

 ※ 以下、結構辛辣な事も語っております
   そういうのが、苦手の方は、ここまでの方が良いかもしれません(笑汗)


 
 イジメは続くよどこまでも??(涙)のセーラ。 
イザベラに呼ばれた形とはいえ、ああいう場所に一人乗り込むのは、どうよ? -恰好の餌食だろうに。  黙っていれば、自分だけが我慢していれば…と思い込むのはね…事態の収拾にはならないし??(滝汗動揺)  世間には、それ以上不幸せな境遇であろうとも、悟らせずに生きている人もいるらしいですから。

  マリエッタ(イザベラの親友←名前初めて知った/笑)……彼女の何が凄いかって・・・・・・

平手から始まって、グーで殴るわ(しかも往復ッ←恐ろしい)、挙句で殴ろうとしている辺り……

……それなのに、リーズナー達が来てからは、まるで被害者の様に(震笑汗)  
ウッーと泣き出し、走り去る………(滝汗動揺困惑)

 人のせいにするのは、楽で簡単だけど…セーラを責める前に、目の前で親友を助ける事が出来なかった自分の未熟さ(力量不足)を責めるべきじゃないでしょうか? (←援護射撃の1発も撃てなかったようですし…)
 いじめをする前に、シュミレーションの一つでもこなせばいいものをッ…と思わずにはいられません。 
 
 「あんたがもっと早くに出ていたら、イザベラも死なずに済んだのにッ」
・・・・・・・・・・・・・・エラく勝手な事言ってますが、リーズナーが万能だと思っている浅はかさに、溜息がでます。
 その前に、自分達は公然といじめを繰り返してたのに、都合の良い事この上ないッたら!!

 これ以上いじめネタで引っ張ってほしくないです???本編ッ次回は、ストレイン隊のフォーメーション練習に入ってほしいものです(切望)
スポンサーサイト

テーマ:奏光のストレイン
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。