1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Dr.コトー診療所2006】◆第8話◆

 今回はミナちゃんの話。  DV(ドメスティックバイオレンス)な話は、ニュースなどでは、聴いた事ありますが、痛いですね??????????ッ(。>n<。)  あの豹変振りは、見てるこっちが<びくッ>となってしまう程。  当事者なら、その比ではないでしょうし・・・・

 でもやはり離れられない理由といったら、暴力の後で、泣いて謝る相手を無下にはできないという気持ち・・・例え、それがすぐに違われる事になっても、一度は好きになった人だから・・・・・・という思いに捕らわれてしまうのでしょうね・・・

 和田さんの気持ちが、優しいですねv  勿論、我が子同様に接してきた星野夫婦、島の皆の優しさが、染み入る話でした。

 暴力夫が実は病気だった。
彼の行動に萎縮してしまっている彼女には、その言葉も、自分を引き止める為の偽りだとしか聞こえない。
 ・・・・・・・実際、聞いてた私も、ほんとかどうか、勘ぐってましたし・・・
でも、本当に病気だった彼。
 それが判ったのが、離婚届を渡すからと、呼び出された部屋で首を絞められるという暴挙の後・・・・・・ 
 それ自体も、和田さんが飛び込んでくれなければ、ミナちゃんの方が危なかったかもしれない状態。
 そんな中、激昂していた彼が突然倒れ、昏睡。
咄嗟に彼に差し伸ばされた手は、寸前で止まってしまい、ミナちゃんの身体も固まってしまう・・・・
 和田さんは、そんな彼女を叱咤し、彼女をひとりの≪看護士≫として、目覚めさせた。

 後で、その時のことを、苦々しくコトー先生に語るミナちゃんですが、そんな彼女を誰が責められようか・・・と思いました。
 コトー先生の今回の名言。
【初めから、強い人間なんていないんだよ】

 至極当たり前の事。  弱いから、強くあろうと人は葛藤し、成長していくのではないでしょうか。
まぁ弱い人間の方が、どうしても多い世の中ですけどね(苦笑)
それでも、自分より弱い人に、不満をぶつける様な行動だけは、非難されて当然だと思います。 一般的に。

 ミナちゃんが、この島を選んだ理由というのが、広告に載っていた島の夕焼けの写真を見て、心惹かれたから!!!  
 それを聞いて「もしかして和田さん??」とか思っていたら、案の定、コトー先生が思わせぶりな視線と共に、和田さんに向けた写真を撮るポーズ。
 彼女は気付いていなかったようですが、和田さんの照れたような、はにかむ姿が可愛らしかったです♪♪
 その後、部屋でその写真を見ながら、思いにふけっていた和田さんv
いつか、ミナちゃんにその写真をプレゼントして、告白して欲しいものです☆
頑張れ♪和田さんvvv

 来週は、コトー先生!とうとう本土行き??? 
やはりコトー先生と彩佳の恋の行方も気になる所。。。
その前に、乳がん克服ッ!!!!   弱った自分を晒したくないという気持ちはあるでしょうが、やっぱり好きな人には、傍にいて欲しいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:Dr.コトー診療所2006
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。