091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【彩雲国物語】◆毒をもって毒を制す

 先週見逃していたら、春姫の声が復活してたぁ???(笑)
そして彩雲国の女性キャラは、皆強くていらっしゃるvvv いや頼もしい♪
 鷲洵とショウのわずかばかりの逢瀬(←間違い?/笑)も終わりを告げ、克洵も荊の道を歩む覚悟ができたし(春姫という最愛の理解者も得た事だし)
 残るは、腹黒い身分だけは高い、美形2人の決着のみですねv


 ・・・という訳で、腹黒い朔洵&静蘭の静かな???そして余人が見れば、それは恐ろしいロシアンルーレット!!! ?が始まろうとしております☆

 これを越せば茶州編もラスト近く!!!
好む好まざるにかかわらず、毒薬に詳しい元公子てのもねぇ???? 彼の過去を鑑みれば、辛いですが・・・・・ね。
 そして、そういう状況でも、ユルい茶家三男坊。。。
ゆるりと交わしながら、この二人の会話って恐いわ??ホント(^n^;)A

 鷲洵とショウの若返り組!!! (爆)
そして、そんな姿を見ても動じない英姫どの☆(←しかも妖怪爺と言い放つ女傑でいらされるvvv) 流石のショウ太師も、彼女には頭が上がらないらしくv
 英姫にとって、ショウは、愛する夫を挟んでの恋(?)敵(笑)
それでも瓢家の姫としての貫禄はそのままに、潔い生き様ですvvv
 身内にも 『黙りゃ!クソ爺どもッ!!!』なんて恫喝しちゃうし(惚)
まぁでも、最後地下牢で残留思念となった鷲洵に語りかける、ショウの姿は寂しさと後悔で、ちょっと悲哀を誘いました。(妖怪爺でもねv)

 燕青の姿は堂々たるものでしたvvv
やはり経験か、人食った性格そのままか・・・は定かじゃないですが(←酷)それなりの恰好をして、髭を剃れば良い男ですよね☆
元々、良家のお坊ちゃんですし♪♪ (そういえば殺人賊に家族を襲われた描写は流石にアニメではカットされてましたね。当然といえば当然かな)
 

 
スポンサーサイト

テーマ:彩雲国物語
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。