041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警護官 内田晋三(in トリビア feat.踊る大捜査線)

 トリビアの泉SPを見ながら、カキコをしておりましたら(←おい) なんか凄い事になってて、吃驚しましたッ!!!
?という訳で、先行UP(←殴打) 他のカキコは後程☆

 踊る大捜査線のスピン作品(本作品より派生したもの:交渉人真下正義とか)についてのトリビアの種のコーナーで、総指揮の亀山氏より 「台詞があるキャラであれば、誰でも作れる」 との事で、それじゃ作りましょうと踊る?の主軸3人による企画会議を経て、高橋克実氏を主役とした作品が番組内で放映されましたvvv

 時間としては短かったですが、やはり馴染みのBGMに乗っての進行は、感慨深いものがありましたvv  ちょっと得した気分♪

 余談ですが、作品内で(泉の方)『崖から落ちた主人を助ける犬は、50匹中何匹』
というトリビアに・・・毎度ながら、切なくなってました(←あまりの薄情ぶりに/苦笑)
・・・・・・・結果は、3匹!!!!! 

 OPの作りは、今までのスピンオフ作品に勝るとも劣らない作りで、カッコ良かったですv そして、八嶋氏の拗ねてる態度も何だか、微笑ましかったですv

 時間軸としては、2004年クリスマス。
交渉人 真下正義 の作品とリンクしてましたv 地下鉄(TTR)が暴走をはじめ、緊迫する頃、地上では大臣の警護にあたる警備局課長の内田氏の姿が…
 常に情報を密に大臣の安全を第一に行動しているが、地下鉄の暴走と、爆弾の情報が入った事により、向かっていたクリスマスコンサートを断念するように進言。
 補佐官(?)も良い味だしてましたvvv (←って名前ド忘れ???ッ!!! アンフェアで、雪平父の親友であり、黒幕だった、あの人の良い老刑事役ッ!!!)

 ちなみに、向かおうとしていたコンサート会場は、雪乃が真下と待ち合わせしていたコンサートで、正に爆弾が仕掛けられていたという設定。

 丁度、検問中、クリスマス時期という事も相まって、渋滞し身動きができない状況で、打開策を模索する内田氏の耳に入る 「助けて」の声。
 声がする車へ近づくと、そこには今にも生まれそうな妊婦を助手席に乗せている男性の姿。

 ようやく車をUターンさせるよう部下が車を誘導し、抜けられるスペースが空いた時、動き出す大臣が乗る車を制す内田課長の声。

 そして妊婦の乗るバンを先行させる彼。
当然のように、困惑する部下、そして「後回しかね」と皮肉を言う補佐官に
『私は権力よりも人々が安全に過ごせるように警護するのが勤め』(←スミマセンッ!かなりウロですッ!!!(滝汗動揺))

 -オチは、某大物(?)が大臣役としてひょっこり顔を出し、
「うん。そうだね。名前は”キヨシ”が良いかな」と朗らかに・・・
クリスマスゆえに?? ーというこっそりとしたツッコミも笑えましたvvv
スポンサーサイト

テーマ:フジテレビ
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。