061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ヒミツの花園】◆第6話

 今回の編集長のシャウトッ!!!
 待ってなさいよ???ッ
        花園ゆり子ぉぉぉ???!!!

     (エコーかかってましたよねvv/震涙←腹式呼吸万歳☆←間違い)

 田中ちゃんの為に・・・・と、偽装花園ゆり子を演出する兄弟+月山ちゃんv
ドレスアップした彼女を見た時の兄弟の4人4様な反応が笑えましたvvv

 長兄は 『い・・・・良いんじゃないかッ??』?と目を反らす(笑)
 三男は 『そう・・・・だな』 ?と凝視してる。(よくカップ落とさなかったな)
 次兄は 『え??着物が良かったな』 (←わかり易すぎ)
 四男は 『え?おばさんっぽくない?』(現役高校生の台詞にヨロメイタ/涙)
 
 サイン会と言っても、小さな町の小学校での事。
次第に花園ゆり子になり切っていく月山ちゃんですが、開園前のファンの女の子との交流によって、罪悪感に苛まれる。
 やっぱり出来ませんッ!!!(仕事と割り切るか、良心を取るかで悩んだ結果)と言ってしまうが、「今更・・・」と続けさせようとする三男と、それを止めようとする長男。

 誰かの為・・・・それも大事だけど、純粋にファンと言ってくれる人を裏切っちゃいけない。 それは間違っている!!! 
 わたる兄???vvv(激惚v)

 みんなの前で、自分が偽者であると公言した月山ちゃんを庇うように、マイクを取り、理由を話す長兄がほんと、頼りになりますッ!!! そして土下座までしてくれた事には、月山ちゃんも心打たれたとvvv
 会が終って、控え室に戻った2人の会話。
『すみません。結果的にわたるさんに恥をかかせてしまって・・・』
『僕は、恥とは思ってませんよ。 ・・・ありがとう・・・』


 きゃ??きゃ??長兄サイコーですvvv
 最後の ≪ありがとう≫ には、色々な気持ちが入っているのでしょうけど、それも含めて、大好きです?????(←黙れッ!!)

 ・・・・・・・・いけませんね・・・この作品の事を語っていると、うっかり暴走しまくりなので・・・・
 誰か止??め??て????
(←自己収拾しなさいッ!!!)

 でもですねぇ???今回のツボなひと言は・・・ヒナタ君の発した言葉vvv

会場となる体育館の裏で、何とか真矢女史を花園ゆり子と遭遇させないように、あの手kの手(笑)で引き止めて、甘い言葉なんぞを囁いていたら、

『智兄ッ!!! ーッ!!!何してんの???』 

弟にいらんところを見られて≪何やってんだぁ??俺ッ!!≫的に動揺し、自己嫌悪に陥ってる智の横で、

 『え??? ヒナタくん???』と驚く真矢女史。『え??お兄さんなの??』

 その後の言葉とタイミングが絶妙でした・・・・

ーッ??? しゃぶしゃぶ?????』

 ・・・・・・ヒナタくん・・・・・それ、人の名前じゃありませんから(震笑腹捩)
確かに・・・・
『しゃ???ぶ しゃぶvvv ほら☆このタイミング♪』 とかちょっとイッってる彼女でしたけど・・・・・でも・・・ね(ぷぷぷ)

 洋子ちゃんと一郎くんのオチ(笑)もねv
シリアスに花園ゆり子の正体は、男の人だったのねッ』『そうやって又黙って行っちゃうの???』

 ・・・・えと。彼女は物凄く真面目に話してるんですが、その後方に【月刊 石仏】の編集者のおじちゃんが『旅館に行くよ??』と能天気に手を振り、あまつさえ 一郎くんに 『行っちゃうの?』と切実に訴えるトコロでは、これまた絶妙なタイミングで 『行っちゃうよぉ?????!!!』 (抱腹絶倒)

 連休明けで仕事でヘロヘロしてるので、ちょっとテンション高め☆ですので、どうかお許しをばッ!!!    次回も楽しみです☆
スポンサーサイト

テーマ:ヒミツの花園
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。