041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ハケンの品格】◆第8話

 とりあえず東海林主任ッ! 裏ッ!!! 捨てる前に裏見てよ???ッ!!!!!

 クルクルパーマの恋・・・・・無残にも・・・・・ってかッ!!!勿体ない???確かにふざけた被り物ッ(←スミマセンッ!スミマセンッ!!)・・・でしたが、彼の姿はとても真摯で好感度UPしていただけに、最後の紙を捨てた時には『くあぁぁぁ??????????ッ!!!』と意味不明な叫びをもらしておりましたともッ!!!(。>0<。)
 森ちゃんの『春子先輩の辞書に不可能という文字はありませんッ』なんて、無責任な言葉ゆえ、引くに引けない春子は、うっかり車の修理ではなく、解体(未遂)をやってしまい(^^;)、最後には『6時ですので、直帰しますッ!!』とその場を去る(笑汗)

 彼女も完璧な人間ではないというアピールか、却って親近感を湧かせるシーン作りなのかな??と思っちゃいました。
 ま。鯖は漁船借り出して、早朝から自分で獲りに行ってましたがねv
『河岸が休みだったので釣りに行きましたが・・・・・何か?・・・』とは彼女の言葉ですが、彼女らしさを思えば、たとえ河岸が開いていたとしても、自分の手で獲りに行ったのではないかと、そう思ってしまいましたvv

 今回私的ツボなシーンは、里中主任と東海林主任の本気殴り合い。

・・・別に殴り合ってるのが良いという訳ではなく≪男の友情≫という事にホロリと・・・・ こういうシーンを見てると、男の人って凄いなぁ????これで仲直りできちゃうんだもの・・・・と思わされます。 (←所詮体育会系のノリ(?)笑汗)
 
 優しすぎる里中くんの事を、もどかしさを感じながらも<俺様>を気取る東海林くん。
 里中くんの優しさはいつか彼の足元をすくわれる事になるとは、東海林くんには薄々わかっていただろうが、それでも里中くんの優しさに甘えていたのも事実。 
 今回わざと悪ぶって、里中くんの胸の内をさらす事によって、彼の真意を聞けて、一番安堵したのは、東海林くん本人なんだろうと思うと、「男の人って・・・」と羨望の眼差しで見てしまいましたvvv(*^-^*)

 プレゼンの時に、真実を述べた彼の姿には、清々しさを感じましたv
勿論春子の手紙が、後押しになったとは思いますが・・・・そう考えると、彼はとてもカッコいい男性だなvv ?と思うわけです♪♪
(ハケンの敵でなくなったら、考えてくれるのかな??とか、少しは頭をよぎったに違いないだろうし)
でも、まぁこれによって部長からは切られるだろうから、出世街道からは挫折するでしょうが、彼の事ッ!!! 必ず這い上がってくれるだろうと期待しておりますッ!!!(会社を出た後にビルを見上げている姿が切なかったです。←多分これでココともおさらばかなぁ??なんて思ってたに違いないッ!!!)

 春子にしても、東海林主任と言う人は、決して嫌いではなかったと思います。 以前彼に貰った名刺(裏に携帯番号が入ってたアレ)を捨てる時にも、嬉しさと切なさの混同した表情で、手放していたし・・・・・
 今回だって、アンケートの裏に携帯番号をそっと書いていたし・・・・・

 素直じゃない彼女の精一杯の気持ちなんじゃないかと思うと、気付かずに手放してしまった東海林くんが残念でなりませんッ!!!

 次週もまた、目が離セませんねvvv
ここまで長々読んで下さった方々vv 有難うございましたvvvv
スポンサーサイト

テーマ:ハケンの品格
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。