041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【彩雲国物語】◆愛は惜しみなく与う◆

 今回、いつもよりおおくまわっておりましたねv コウユウ殿vvv(微笑)

そりゃもう??ぐるぐるぐるぅ??!!! と。(笑)

 しかし2人っきりの時に、ぐるぐるしすぎるのは、どうみても怪しすぎます(苦笑)  秀麗じゃなけりゃ??席立って逃げますよ??(^^;)


 そして、期待の縹家当主 VS 紅邵可 (オプションに珠翠いましたが)
 ・・・・・・・・・・・・・期待のしすぎはいけませんね(シクリシクリ)
だって邵パパ・・・・・開眼すらしてくれませんでしたの??????(涙)
黒狼の名が・・・・・・・・ッ!!!!!  と少々ヘコみましたが・・・ね。(ホロリ)

 

 影月の旅立ち・・・・
 「本当は何も言わずに行こうと思っていました。 でも・・・」
 「貴方が好きです。だから幸せに・・・・・・・」

 自分の命の残りが少ない事を悟った少年の精一杯の言葉。 多分ソレは本心・・・・・・・・・でもそんな言葉、残される女の立場としては、納得行きませんよね!!!  香鈴の口から名言が発せられる事を期待して。。。

 それでも、州城を後にし、奇病の蔓延する村へと馬を走らせながら、堂主様の言葉を思いだし・・・・

 『はい!幸せな一生でした!!』 と晴れ晴れと言う姿に胸がつまる思いでした?????????ッ(。>n<。)

 縹家当主と秀麗パパが対峙している頃、静蘭と鉢合わせて張り詰めていた気が抜けてしまう。  そんな彼女の態度に尋常ならざるものを感じ、何があったのかつめよる彼。
 そして秀麗の口から語られる言葉に、驚愕する。
縹家についての詳細は、ごく限られたものしか知らず、静蘭ももと公主であったからこそ知りえた存在。

 事の重大さを鑑み、弟である劉輝に進言するも、呑気な応対に空気が凍りつく様は・・・・・・・・結構笑えました(笑汗)
 となりにいる<本当は上官>であるシュウエイすら、気後れしそうな程。

 あそこで、ツッコミネタが出来てしまう私は、所詮ギャグ描きな人・・・

それでは来週こそ本格ドシリアス始動!!! 期待して(過度にせず)ます!!(笑)
スポンサーサイト

テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。