1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【彩雲国物語】待ち人来たる◆知らぬは亭主ばかりなり

 そして前回の分と併せて2話語り(笑) 虎林郡府での攻防(?)
以下それぞれのあらすじを独断と偏見で書いてます。感想に関しては以下<続き>をご覧下さいvv

≪待ち人来たる≫
 病気の村人を伴って、幼い少女シュウランがリオウと共に雪道を歩き続ける。  そんな2人の前に、虎林郡府長官の丙太守が騎乗する騎馬隊が現れる。  その姿を認め、「助かった」と感じる少女達。 そしてそんな少女の必死な思いを汲んだ太守は、城下に招き入れる事を決断するが、伴っていた兵の一人が暴言を吐き、激しく反対する・・・・・

≪知らぬは亭主ばかり≫
虎林郡府に近づく秀麗一行。  しかし、門の上からは<通行不可>の赤い旗が翻る。  そして兵は「何故茶州ばかりがこんな目にッ!」「入りたいなら、その女州牧の首をかききれ!!!」と言う。  病が秀麗のせいだという流言に踊らされ、門の上から矢を射る兵達。
 そんな中、州牧補佐である燕青が、単騎で閉まろうとする門へ駆けて行く。
その腕には、紛うことなき女州牧を抱いて・・・・・  門上より降り注ぐ矢の雨の中、門の内側から駆けて来たのは、丙太守その人であった・・・・
 
 噂に踊らされるだけならまだしも、除名処分を受けた意趣返しにしか見えない元虎林郡兵の男。 人を扇動するだけして、実際は人の影に隠れてるってどうなのよ?? 最後に「俺一人でもやってやる」なんて、大儀にかこつけるあたり小さい人だなぁ????(ふ。まぁ直後、燕青に昏倒させられましたがね☆)  

 門に向かう時、馬上の秀麗と燕青の会話も楽しかったです♪

『燕青ッ!間に合わなかったらご飯抜きよッ!!』

『頑張りまぁ?????す』

 ・・・・・・・こんな時でも軽口を叩ける2人に乾杯♪(*^-^*)

 今回は、シュウランの意志の強さと「有難う」を言える姿。 そして、流言に惑わされてる亭主を一喝する妻たちのカッコよさに、燕青ではありませんが「おばちゃん超カッコ良い??vvv」と言っちゃいましたわv

 おかみさんが亭主に言った言葉に 
『あんた達が毎晩馬鹿な話し合いで留守にしている間、お役人さんが一軒一軒を回ってお願いに来たのさ。 頭を下げてね。 お偉い役人さんが・・・だよ!!!』 

『嬉しいじゃないか!!きっと私達がそんな事になっても、同じ様にしてくれる。    年貢の納め甲斐があるっていうもんだ!!!』


 ・・・・・・・・・え??と。そうですよね。お金を納めてもその分何に使ってるか分らない政(まつりごと)をしている人より、ちゃんと目に見える結果を為してくれる人が執っている政治の方が、民衆は付いて行きますよねvvv    って、凄く身近に感じる話題だな???(笑汗)

 燕青は棍使いで有名ですが、矢の嵐の中、単騎で駆けて「うおぉぉぉ??????ッ!!!」気合だけで、危機を脱してしまうあたり・・・・・アニメだけど・・・凄いなvとvv

 秀麗に害をなそうとする城下の民に「ソコをどけっつってんだろッ!!!」と凄む姿は、怖いッスよ???(笑汗動揺) 悪役ッ悪役ッ!!(震笑)
いや・・・・作画も・・・・・・・・もごもご・・・なんですけど・・・ね(滝汗動揺)

 それでも、とうとう虎林の城下に到達した秀麗一行。
そして、初めての人体切開が始まる?????って既に脱落者が???
(まぁ伝説の医仙しかやった事なかったからね????) どうなる次回!!

 ・・・・・というか、来週はゲストトークスペシャルという事で、本編はお休みでしたねぇ?????ははは。


 
スポンサーサイト

テーマ:彩雲国物語
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。