0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【彩雲国物語】◆虎穴に入る◆

 そして救出された影月。  龍蓮が普通???(笑汗)にカッコよく見えましたが、龍蓮って言葉を紡ぐのがホントに苦手なんですねぇ(微笑)

 そして香鈴の姿を見るや、とっとと影月を連れ去る (爆←語弊アリ☆)

 ・・・・・・・いや、 わざと じゃない・・・・・・と・・・・・・多分(笑←「巻き込みたくないのだろう」と言ってたけど)

 静蘭もちゃんと良い仕事(笑)してました(しっかしフードの下に官服を着てちゃマズイんじゃ???? ←見えてますよ????セイランさぁん(^?^ ;)
( そこはアニメゆえの お約束☆ なんでしょうねv)
 

 影月が救出される直前に、彼の目の前に現れた本物の千夜。<朔洵>
ちょっとこの辺原作ウロなので、未読のような感想を書くと・・・・・

 あの千夜ってホントに千夜だったんでしょうかね。
(なんかあの優しそうな目元とか見てると、一瞬本物の堂主様が、死んだ朔洵の身体を使って、最後に養い子を助けに来てくれたのかなぁ??と、思っちゃったものでvvv  本当の自分の亡骸は、ヤツに奪われてますからねッ!!)

 それにしても、影月は常に窮地に陥っても笑顔を絶やさない、強い少年であったけれど、やはり ≪命の重さ≫ を誰よりも知っているだけに、自ら捨てた人への怒りは、かなりのものがありましたね????????(当たり前っちゃ当たり前ですが! 目の前で <生きたい> と切望する人が死んでいくのを看取る事しかできないジレンマは・・・・・・)

 ボロボロになりながらも、そんな朔洵の姿に説教を始めてしまう

 そして救いに来た龍蓮。
カッコは普通でも、あの聞くに堪えない笛を吹きつつ正面突破!!!
いや、彼は、あの笛さえも 【 武器 】  として効果的なのを、わかってやってるんじゃなかろうかッ!!  ?と最近思うようになりました。(笑涙)

恐るべしッ!!! 確信犯ッッ!!!!!(笑) 

 稀な力を秘めた藍家の少年。
それ故に孤独を選び、人に利用される事のないように過ごしてきたのに、自分を一人の人間として接してくれる<心の友>に出会ってしまった。 
 彼らならば、敢えて利用してくれて構わないのに、それをしない秀麗影月。  そんな彼らだからこそ、心の友になりえたのだろうケド、優しすぎる友の危険を察知できなかった自分を叱責し、あらゆる方法を探したが、影月を延命させる手立てが見つからない。
 そんな彼に、今までのような飄々とした雰囲気は感じられない。
きっと、彼も少しずつ成長しているんだな。  ?と嬉しく思いましたvv(何かコメントが母親的ッぽいなぁ?????(笑汗)いやいませんからッ!←ソコじゃなぁ??いッ!!!)

 来週はとうとう偽教主と対峙。
罠については、相手側に静蘭がいるだろうから、身を挺しても守ってくれるでしょうが・・・・・・・ 乞う次回ッ!!!   ?って事で♪♪
スポンサーサイト

テーマ:彩雲国物語第2シリーズ
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。