0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【医龍】◆第5話

やってくれましたね☆ 北洋の面々♪♪
 緊急の無輸血オペ・・・・・症例的にも今手術をするのは不可能。(?と鬼頭病院長も言ってたし)  それでも目の前で苦しんでいる患者を掘っておけない・・・・・・・・と朝田達は立ち上がる。
 無謀とも思える中でのMEと麻酔医のコンビネーション。  術前検査では気付く事の出来なかった裂傷。  特殊血液につき血液の確保。 全てが良いように機能し、そして、彼女の命を救った。   そんな純粋な現場医師の気持ちを踏みにじるかのような、病院をビジネスと考える野口元教授。  どんな状況でもタダでは起きないその根性だけは、凄まじいですよ・・・・・・・
 チョコ魔人(←ナニ)な麻酔医は、中々に良い腕と状況判断力を持っている様子。 (荒ちゃんが認める位だし・・・・・・・・・ねv)←今回荒ちゃん何気にカッコよく啖呵切ったり、台詞言ったりしてますよね☆ (パパになったから???←違ッ)

 そして、冷血なオーナーという顔を持つ内田女史。
え・・・・・・・と、やっぱり元医者ってトコですかね・・・・・・・・何か事件かなにか理不尽な事があって、あんなふうになってしまったのだとしたら・・・・・・・

 今回の麻酔医をオペ室に入れたのは、彼女の功績。
それは朝田先生が、希釈した血液で、手術を続行する事を見越した上での話。
そうなれば、血液の状態、調整など困難を極める・・・・・・確かに「朝田先生は最初から最悪の状況を考えて動いてる」 ・・・・つまり、その状態になった時の医者の判断を自分も知っているという事。

 「親の目の前で見殺しにするの? まだ高校生なのよッ!!」

あの台詞を聞いて、術中理不尽な理由で、患者を見殺しした事があるのかな??と勝手に想像してましたが・・・・・

 最後、自分の娘を救ったのが、北洋の医師だという事で、明真との繋がりは消えたかに見えたが、ここであの腹黒い タヌキ・・・・・・もといッ野口教授が、意外な言葉 『 実は自分の指示で北洋で明真の医者が執刀した 』とのたまわったことに対し、瞠目しながらも 「信じてもらわなければいけません。 事務所費のことはまだどこも掴んでない情報でしたわね」 

 彼女は彼女なりに、ゆがみを感じてるんじゃないでしょうか???

MEを馬鹿にした役に大鶴氏・・・  やな役を好演(笑)されましたね??
でも結局朝田先生に励まされ、本来の彼の実力を出し切り、大きく成長した姿を観て、普通にうるッときてしまいましたよ・・・・
 そして、やな先生にでも、感謝できるまでに成長した彼・・・今後も頑張って朝田先生助けてあげてくださいませ!!!
スポンサーサイト

テーマ:医龍&医龍2
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。