061234567891011121314151617181920212223242526272829303108

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【彩雲国物語】桃栗三年柿八年◆遠ざかる程思いは募る

またも2週分のカキコと相成りました(滅)  とりあえず来週は又も年末恒例の再放送らしいですが・・・・・・・・・・・・・・とっとこ話を進めて欲しいものです(まぁ原作に追いつくからかな)

では 【桃栗三年柿八年】 【遠ざかる程思いは募る】 の感想カキコは以下へ☆

冒頭から強烈な朝の風景・・・・・・・・・・・・・・・(微笑)

『 でえぇぇぇ???????いッ 』
間違ってもそこは道場ではなく、うららかな朝の台所。。。。。。。。
勿論そこにいる秀麗はご飯を作っている筈だが・・・・日頃溜った鬱憤と実益を兼ねて、今日も朝から綿棒叩きつけまくる。

それを扉の隙間から垣間見る、父と静蘭。
『 私の現役時代も真っ青だよ 』  うっかり本音が口に出る父(笑)

『 何だかお嬢様がどんどん壊れて行ってる様な・・・ 』 不安気な静蘭。

ある意味不本意にも秀麗の心を満たしている(現段階で)性格悪い清雅に敵対心を抑えられない我らが姫様。。。。。  そして次の瞬間

『 ほわちゃ?????????ッ 』 
?と包丁をまな板に叩きつける娘を見て

『 <ほわちゃ?>って今もう誰も言わないよね 』  と呑気な父の言葉に
『 旦那様 問題はそこじゃありませんから。ホントにアレで良いんですか? 』

『 静蘭 見くびらないで貰いたいね。 私はどんな娘でも愛する自信はあるよ 』
・・・・・・・・・・・・父、こめかみ引き攣ってますけど・・・・・・(滝汗動揺)
『 お嬢様をコワイと思う日が来るなんて、思いもしませんでした 』


 一方悩める藍将軍。 

藍州の義姉と、珠翠を思い出しながら・・・・・・・・・・好きで好きでたまらない人が幸せなのに、その笑顔をみるのが辛い・・・・・そんな彼の本心を吐露したのは、やはり別の人を愛している女性だった。

 なんか、過去に出会いがあったとは、今回のエピソードがあるまで知らなくて、何か意外な感じもしましたが、どうやら珠翠は覚えていないようで・・・・
藍様 あの時の扇を今も大事に持っていたのですね??????案外ロマンチストか????   まぁ珠翠も今後大変な事になるでしょうが・・・・・・・ね。
切ない2人です・・・・・・


 晏樹様と皇毅様、この2人の関係は独特ですよね????vvv
晏樹様は相変わらず飄々としてて・・・・・・・ってアレで30代辺りの設定???

 皇毅様の執務室で、
『 あいつ(晏樹)にかかわるな 』

・・・・・・・・・・・・・・既にかかわりまくってます(苦笑)
私的にココは原作に忠実な、台詞の応酬をして欲しかったので、残念でした?????(?Q?;)

 図らずも晏樹から<桃>を受け取ってしまった秀麗に対し、今まで忠告をしていた皇毅が投げやりに 『今の忠告は隅から隅まで忘れろ』という後の会話。

 (流石に原作未読の方にネタバレしてもよいものか思案したので、以下文字は反転させております。  簡単に見れますので、ご興味がある方はどうぞ☆)

『そんなッ待って下さい晏樹様から桃を貰ったら何かあるんですか?不幸の桃とか??』

『別に。私の様に三倍愉快になるだけだ。良かったな』

『あからさまに嘘ですよねそれ?長官が愉快に見えたためしがありません』

・・・・・・・・・・・・・・確かに愉快な長官ってのは・・・・・・・・・・・・ねぇ。逆に怖いです。

あと、一本調子な淡々とした上司の言葉に噴出す清雅とか・・・・・・ねv



◆遠ざかる程想いは募る◆


 そして今週・・・・悩める藍将軍はやはり先週同様悩みまくっておりました。
<藍家>の男として、それに誇りを持っていた自分が選ぶ道など決まっていたのに、それでも皆が傷つかない道を模索して、すっかり袋小路に迷いこんでいたようで、十三姫のお陰で、ちょっとは先が見えたかな・・・・・・・・・・・・・

 牢屋の見回りに行く秀麗とタンタン。
そこは秀麗達のお陰で、環境もよくなり、看守からも感謝されて嬉しいのに、ここでも又≪陸御史(清雅)≫の名が・・・・・・・・・・・・・・・性格が悪かろうと、仕事はきっちりやる。 これがあの自信の裏にあるものだから、秀麗たちも安易に対抗できない。
 看守の話を聞きながら、内心穏やかじゃなくなった彼女の顔を見て、

『こんちくしょ???ってカオしてる。』 見ると冤罪の死刑囚 隼が声を掛けてくる。

 雰囲気としては、燕青と似てるトコがありますよねv
あ???????燕青。早く出てこないかなぁ???vvvvv

 珠翠も暗示に逆らう為に体力を奪われ、回廊でうずくまってしまう。
その前には、自分の決別した一族のリオウの姿が・・・・・・・・リオウ自体は、特に思う所はないので、介抱してやろうと手を伸ばすが、『触らないでッ』 と強烈な拒絶。

『 そのまま、置いて行ってもらえるかな 』 背後より硬質の声が発せられる。

リオウが見上げるとそこには、厳しい表情の藍将軍。 だまってその場を去るリオウを見送った後、珠翠の体を抱え上げ、部屋へ運ぼうとするが、意識朦朧な彼女の口からは、違う男の名が・・・・・・・・・・・・ へこむよなぁ?????(ちょっと不憫に思ったよ)

 そして後宮に入る日。
久し振りの珠翠、静蘭との再会。 会った途端珠翠がやつれているのを感じた秀麗は、元気のでる香を頼もうね。 ?とか、やさしいですvv
離宮で、十三姫との再会を果たした秀麗。  命を狙われる十三姫を命を賭して守る命を受けているが・・・・・・・・秀麗の窺い知らぬところでは、彼女も狙われているらしい・・・・・・・・・

 次回から、色んな意味での攻防戦が始まるのね?????と思ったら、来たよ!!!この時期恒例の再放送(笑)

・・・・・・・・って事で、来週のカキコはありません(苦笑) また再来週(?)本編続行より再開いたしますッ!!!   では、長々とお付き合い頂き有難うございましたvvv(多謝)
スポンサーサイト

テーマ:彩雲国物語
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。