071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ロス;タイム;ライフ】

 <ヒーロー編>(ココリコ田中氏主演)の分は見損ねてしまったのですが(滝汗)
その前の<幼馴染み編>(伊藤淳史氏、美波嬢主演)

 結構好きな話でした。
今は近所に住んでいても交流の無い2人。  でもお互いの存在を気にしていた。
自分にはそんな幼馴染みはいないけれど、こういう関係ってのも素敵だなと思いました。
出来ることなら、生きてる内にそうなって欲しかったけれど・・・・・・・

 伊藤くんって結構一途な役多いですよね???(^?^)
【海猿】【電車男】など・・・・でもなんか一生懸命さが伝わってきて良いんじゃないかと思いますv
 一方 美波嬢は・・・・・・可愛い女優さんだと思いますv
でも出演作って 【有閑倶楽部】くらいしか知らないんですよね・・・・(すみません)
【有閑?】の主役(一応原作では主役よね)悠里は、一転破天荒なキャラというか(微笑) 悠里よりも今回の役の方が自然に見えましたvv

 今までの話は全て一人の<ロスタイム>でしたが、なんと今回は美波嬢の方にも<ロスタイム>がッ!!!!!!      それにもかなり驚かされましたが、彼女もその本屋にいて、彼の作品が載っている雑誌を探していたという事になんか涙腺が・・・・・・(T?T)
 彼のロスタイムが残り僅かという時に、受け取った最後の置き土産。
彼女が編集社に飛び込んで編集者に渡した<遺作となる原稿> 彼女の残りの時間は幼馴染みの彼の為だけに使い切った充足感に満ちていた。
 受け取った編集者が 「奥さん?」と聞いたところ、言い澱んで発せられた言葉は彼女にとって一番しっくりくる言葉だったのだと思いました。
『私は先生の最初のファンです!』  さわやかな話でした☆
スポンサーサイト

テーマ:ロス:タイム:ライフ
ジャンル:テレビ・ラジオ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。