071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアスR2◆19話◆裏切り

< おのれ??シュナイゼル!!!!!! >  最悪のチェックメイトをッ!!!
彼こそ自らの手を汚さずに、盤上を制している感があるんですが・・・

 さて、色んな意味で痛すぎる話でした。(>□<。。。))))
ナナリーを失った現実を受け入れられなくて、ロロに暴言を吐いてしまったルル。
なのに・・・・・・最後の最後で・・・・・ッッ!!!

『兄さんは僕が守る。』 (号泣) 
死を覚悟していたルルにとってそれは意外な展開。
しかも先ほど暴言を吐き、自分を恨んでいるであろうロロが蜃気楼に騎乗し、身を挺して助けに来た。


 以下、今週のツッコミ(半分マジ語り)に続きますが、先週の分を書いてたのにUPできません
でしたので、リンクしてみました。   → 第18話◆第2次トウキョウ決戦


ナナリーの不在に取り乱すルル。
ゼロの行動の不穏さ、朝比奈の言葉を反芻する藤堂。 司令部にも不信感は高まっていく。
そんな中脱獄したコーネリアの元に降り立つブリタニアの外交特使を名乗る機体。
こちらに戦闘意思はありません。 って警告しときながら、フレイヤを搭載してくるっていう矛盾もどうよ?

 会見でのシュナイゼルは饒舌に人を懐柔する。
穏やかな容姿とは相反する腹黒い狡猾さは、父親ゆずりか。
 言葉巧みに人の心理を動かすはシュナイゼルの得意とするところのようで。
全てのカードが揃った今、彼が逃げる隙を与える筈もなく、自分の手を汚さずに黒の騎士団をけしかけてルルーシュの存在を消そうとするとどめの一手。

 結果尤もらしい事実だけ聞かされ 「騙されていた」 と即ゼロ抹殺に動く黒の面々が嫌でした。
気持ちはわかるが、今まで敵対していた大将が 「弟を返してもらいにきた」 なんて薄っぺらい言葉で丸ごと鵜呑みにするなんて、案外黒の騎士団もちょろいですね。 シュナ兄にとっては。
 でも仮にも弟を引き渡しを願ってる割に、騎士団からなぶり殺しになるであろう、その弟の姿をわざわざ見届けに現場にいるなんて、悪辣にも程があるッ!!!!!!   

 まぁ来週以降、日本は総攻撃を受けそうなので、頑張って自分たちだけの力で阻止してもらいましょう。  シュナイゼルがルルを排除したがっていたのは、自分と比類する戦略、知力をもった頭をなくせば制圧は簡単だと思ってるに違いないのに・・・・・・

 なんにせよ、連合の筈なのに、シュナイゼルの話をきいた直後、勝手にゼロ抹殺ですかい???? 考えなしもいいところだこと。  星刻あたりが同席していれば違う展開もあったかもしれないのに????

 ともあれ、事情を知らないカレンがルルを呼びに来る。
道中 救出が遅れたことを詫び、再会を喜んだ2人なのに;。。。。。。
 倉庫の隅にシュナイゼルの姿を認めた時、ルルの覚悟が決まった。 どんな言い訳も無意味。
一方的な騎士団の言い分に、反論するカレンだけど、頭に血が上った人たちには何を言っても聞きやしない・・・・哀しいけどね。

『 全ては盤上の駒・・・・・ゲームだよ 』
 ルルーシュが黒の騎士団についた最後の嘘は、辛辣で優しい言葉だった。
 皆が自分を恨んで、憎んで引き金が引けるように・・・・・そして・・・

『 特にカレン君はとびきり優秀な駒だった 』
 不器用な人・・・・・・・・
 カレンが自分と運命を共にしない為に、彼女を守る為についた嘘。 でも最後に彼女だけ

『 カレン・・・お前は生きろ。 』
 それはかすかな・・・死に行く自分に残せる僅かな言葉。
 大切だから、君には本心のカケラを残していくよ・・・そんな風に聞こえました。
 いや??スザきゅんの時も言ってましたけどね・・・・(滝汗動揺)

 スザきゅんは、大笑い?????????で終ったけど・・・・・なによッその自虐的な笑いは何かを決心したのよね。 その決意が彼の場合、こわいんですけど?????ッ!!! 

 ロロのギアスは、使うたびに心臓が止まるという副作用がある。
しかし、危険も顧みずに、連続、広範囲で使い続ける。
勿論横にいるルルも制止しようとするが、ルルもギアスのせいで思うように話せない。

『僕はいつも道具として利用されてきた。
 前は教団に・・・次は兄さんに・・・・・・・・・でも・・・・』

 走馬灯のように思い出すのは、偽りだけど優しい時間。 自分を本当の弟として扱ってくれた。 嘘でも本当と信じたい。 それだけが今自分を突き動かすもの。

『 今回は・・・これだけは・・・・・自分の意志だッ!! 』
 血を吐くような言葉に、今まで色々非人道的なことやってきた子ですが、切なくなってしまいましたよ。(涙)


遂には樹海(?)の中に逃げ込み、追っ手を振り切る事が出来たが、ギアスの連続使用に
より、ロロの命は風前の灯火。 そんな姿を目の前にして、ルルは、「何故」と尋ねる。

『 兄さん・・・嘘だよね・・・僕を殺そうとした・・・なんて、兄さん嘘つきだから 』
 自分が送ったロケットを大事にして、見返りも無く自分に向けた感情にルルーシュとしてロロの兄として応えてやる。

『 お見通しか。 さすが俺の弟だな 』
 その言葉に満足そうに笑み、応えながら息を引き取る。。。。。

『 当たり前だよ・・兄さんの事なら何でも・・・わか・・・る・・・』
 一度は振り捨てたロケットのついた携帯を大事そうにロロの手に握らせて、葬ってやる。

『 そうだ。 俺は嘘つきだからな 』


 もはやなくすものは何一つない自分に出来ることは、皇帝と刺し違えること。
しかし、蜃気楼・・・・ロロたんの操縦でかなり破損してたような・・・・・・・・
カミネ島行けるのか??  その前に特攻か???? (爆)
一応皇帝の艦にもラウンズっぽい女性が同行しているようだが

次回タイトル。  皇帝失格。  いや、そうだろ。 
それより拘束されそうなジノさんの身の上の方が気になるよ。 私敵には。(笑)
スポンサーサイト

テーマ:コードギアス 反逆のルルーシュ
ジャンル:アニメ・コミック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。